世界1周旅行を実現するためにはこんな準備が必要!

世界1周旅行はお金がなくても簡単にできると主張する人もいます。確かにバックパッカーとして少ない荷物で色々なところを回る人がいますが、もし仕事をしていたり、定年を機に世界の国へ行きたいという人であれば、少なくとも準備は必要になります。
例えば、ツアーを組んで旅行をする場合にはそれ相応の費用がかかります。
飛行機で行く場合や船で行く場合もあり、その場合にはそれなりの貯金も必要になっていきます。

一方で世界を旅行する際には何が起こるかわかりません。災害に巻き込まれることや事件事故に遭遇してケガを負うこともあります。この時に保険に加入をしておくことは必須です。何があってもいいようにしておくことで安心して旅行することが可能です。
そのためにも期間をきっちり決めておき、保険をどのようにするか、予算をどうするかを決めていくことで、楽しい旅にしていくだけでなく、ここでは立派なホテルに泊まろうといった計画が立てられます。

バックパッカーの場合は、ヒッチハイクや民泊など日本ではあまりできないようなことを行いますが、普通の旅行をする人にとってはかなりハードルの高いことであり、その前に実践をしておくことが大事です。いきなり世界を旅行する際にこれらのことをやろうとしてもできないものです。
初めて世界を回るという時には、ツアーで参加し、行きたいところに行くような感覚の方が楽しめます。その後にバックパッカーのようなことをするのがおすすめです。

 

世界1周旅行で注意すべき国や場所は?

ツアーを組まず、自分で計画を立てていく場合に気をつけておきたいのは危険地帯などに足を運ばないことです。
世界には多くの地域で紛争が行われ、戦闘状態が続いています。特に中東のあたりは渡航禁止になっている国も多く、日本政府によって渡航するのを避けるべきだと注意を呼びかけるケースもあります。
万が一、そこでトラブルになったとしても日本大使館がなく、誰からも助けを得られないどころか、日本で大騒ぎになり、行動を問題視される可能性も十分にあります。

またクーデターが起こりそうな地域やテロが頻繁して起こる地域に関しても注意が必要です。
特に最近は難民の受け入れをめぐってヨーロッパなどでも繁華街のようなところでテロが発生しています。日本のように安全な国は諸外国では存在しないことを肝に銘じておくべきです。
また、これらの紛争とは別に最貧国のようなところを回る際にも注意が必要です。衛生状態がいいわけではないため、体調を崩しやすく、感染症のようなものにかかって大変なことになる場合もあります。

もちろん、貧しい国と呼ばれるようなところにも魅力的なところがあるため、バックパッカーの中にはそうしたところに足を踏み入れる場合もありますが、ある程度の覚悟をもって行っています。興味本位で行くような場合にはそうしたところへ行くことは避けるのをおすすめします。

ツアーなどでよく見かけるようなところをメインに回っていき、渡航禁止や注意を呼びかけるところには行かないことが無難です。

Copyright© いつかは世界一周旅行 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.